VIO脱毛中に妊娠してしまった…。継続して脱毛を行うことは可能か?

VIO脱毛中に妊娠してしまった…。継続して脱毛を行うことは可能か?

VIOラインのムダ毛は他の部位よりも濃くて太いため、脱毛期間も長くなります。

 

ですので、脱毛中に妊娠してしまう可能性もあるかもしれません。

 

妊婦

 

生理中だと施術を断られることもあるVIO脱毛ですが、妊娠の場合はどうなるのでしょうか。

 

妊娠しても脱毛を継続できる?

 

結論から言うと、VIO脱毛の限らずどこの部位であっても、妊娠をすると施術は一旦ストップとなります。

 

施術で使用する光は、胎児に影響があるとは言われていません。

 

それでも、施術が継続できないのは理由があります。

 

  • ホルモンバランスの変化によって脱毛効果が低くなる
  • 肌が敏感になるのでトラブルが起こりやすくなる
  • 多毛症になるリスクが高くなる
  • 施術中につわりなどが起こっても対応できない

 

妊娠によって体に変化が起こると、トラブルが起きたり脱毛効果が出にくくなるため、基本的に妊娠中はVIO脱毛ができないのです。

 

また、自己処理であっても妊娠中はトラブルが起こりやすいです。

 

ですので妊娠をしたら、ムダ毛のことは気にせず、胎児と自分の健康に気をつけましょう。

 

妊娠したら脱毛効果はなくなる?

 

脱毛期間中だと、途中で施術をお休みすると効果がなくなってしまうのでは、と不安になるかもしれませんね。

 

ですが、それまでに受けた施術の効果がすべてゼロになるということはないので安心してください。

 

発毛機能が失われているムダ毛は、施術を休んだとしても生えてくることはありません。

 

施術をした部分はきちんと効果が持続します。

 

再開のタイミングは、授乳が終わって生理の周期が戻ったら、というのが一般的です。

 

母乳育児ではない場合だと、出産後に生理が2回から3回来て安定すれば施術が再開できます。

 

ただし出産後は肌質も変化するので、予約をする前に一度チェックしてもらいましょう。

 

妊娠で施術をお休みする場合、ほとんどの脱毛サロンでは契約期間からお休み期間を省いてくれます。

 

しかし中には省かないところもあり、出産後までに契約期間が終わってしまうこともあるようです。

 

そうなると延長料金など余分な費用が発生するので、妊娠の可能性がある方は契約前にしっかり確認しておくのが正解です。

蓄熱式脱毛クリニック