【注意】除毛クリームによるムダ毛処理について・使用してはいけない場所も?

【注意】除毛クリームによるムダ毛処理・使用してはいけない場所も?

ムダ毛の自己処理にはいろいろな方法がありますが、その一つが「除毛クリーム」を使う方法です。ムダ毛処理について調べているとよく目にする除毛クリームですが、どのように使うのか知らない方も多いのではないでしょうか。ここでは除毛クリームによるムダ毛処理の方法や使用する上での注意点について見ていきます。

 

除毛クリームとは?

 

除毛クリームには、タンパク質を分解する性質を持つ成分が配合されています。この成分によってムダ毛のタンパク質が分解されるので、根元から取り除くことができます。ムダ毛を溶かして除毛しますから、毛穴部分のムダ毛もしっかり綺麗になるのが除毛クリームのメリットです。またカミソリのようにカットしないので、処理後にチクチクしたりすることもありません。

 

除毛クリームの使い方

 

除毛クリームは肌に直接塗るので、まずパッチテストを行います。パッチテストはアレルギー反応やトラブルがないかを確認するためなので、必ず行ってください。処理をしたい部位に、除毛クリームを少量塗って5分から10分ほど放置します。

 

放置後、綺麗に拭きっとったら24時間おいて肌に変化がないか確認しましょう。パッチテストで何も問題がなければ、説明書に従ってムダ毛処理をしていきます。

 

商品によって若干の違いはあるものの、基本的に使い方は共通していて、除毛した部分にクリームを塗って放置するだけです。ただし放置しすぎると肌を傷めてしまいますから、説明書にある時間を守ってください。

 

除毛クリームを使えない部位とは

 

いくらパッチテストでトラブルが起こらなかったとしても、どこの部位でも除毛して良いというわけではありません。除毛クリームはタンパク質を溶かすので、皮膚が薄くデリケートな部分に使うと、大きなダメージを与えてしまいます

 

ですので顔には絶対に使わないでください。VIOなどのデリートゾーンの皮膚は厚みがあるものの、粘膜に除毛クリームがついてしまうとトラブルになることがあります。他にも乾燥肌になっている部分や発疹などのトラブルがある部分は避けてください。

 

除毛クリームはカミソリや毛抜きと比べると、肌へのダメージが少ないですが、それでも肌荒れのリスクはあるので正しい使用法を守りましょう。

蓄熱式脱毛クリニック