脱毛サロンへ通う時の事前処理ではどんな事に注意すべき?

脱毛サロンへ通う時の事前処理ではどんな事に注意すべき?

痩身やフェイシャルメニューであれば、エステサロンに行くのに何の準備も必要ありません。しかし脱毛サロンに通う場合は、自分でやっておかなくてはいけない事前処理があります。忘れてしまうと、施術が受けられなかったり効果が半減することもあるので、注意点をしっかりチェックしておきましょう。

 

施術の前日までにシェーバーでムダ毛処理をしておく

 

脱毛サロンの施術というのは、ムダ毛が伸びた状態では受けられません。光脱毛はムダ毛のメラニンに光を照射し、そこで発生する熱で毛根組織にダメージを与えます。それならムダ毛が伸びている方が良いのではと思うかもしれませんね。

 

ですが長いままだと伸びている部分に熱が集中してしまい、毛根組織まで到達しないのです。また熱を持ったムダ毛が肌に触れると、炎症ややけどを起こしてしまうこともあります。必ず事前処理として、シェーバーで剃っておく必要があるのです。

 

毛抜きやカミソリは事前処理で使わないこと

 

事前処理なら、使い慣れている毛抜きやカミソリで、と思う方もいるでしょう。ですがこれらの処理アイテムを事前処理に使うのはNGです。毛抜きで抜いてしまうと、光が反応するためのメラニン色素がなくなってしまうので脱毛効果が得られません。

 

カミソリは毛穴部分にムダ毛が残りますが、角質層を傷つけるのでトラブルが起こりやすい状態です。肌に優しい脱毛サロンの施術でも、バリア機能が低下していると皮膚へのダメージが強くなるので、カミソリも使わない方が良いでしょう。

 

剃り残してしまったらどうなる?

 

うっかり事前処理を忘れた、剃り残してしまった部分があるという場合の対応は、大きく分けると2つあります。1つはシェービング代を払って処理をする、もう1つはキャンセル扱いになるということです。

 

これはお店によって違いますから、事前にしっかりスタッフさんなどに確認しておきましょう。最近は無料でシェービングするお店も出てきていますが、基本的にはペナルティがあるので、事前処理はしっかりやっておいてください。

 

ただし背中やIOラインなど、自分では処理が難しい部位の場合はお店で処理をしてくれることもあります。いずれにしてもお店によって事前処理への対応は異なるため、カウンセリングの時にきちんと説明を聞いておくことが重要です。

蓄熱式脱毛クリニック