海外で人気の糸脱毛とは?【使う糸の種類や痛み、脱毛効果】

海外で人気の糸脱毛とは?【使う糸の種類や痛み、脱毛効果】

日本ではメジャーではありませんが、海外では人気となっているのが糸脱毛です。

 

糸で脱毛といってもピンとこないかもしれませんね。

 

糸を使ってムダ毛を処理する糸脱毛は、どのように行うのでしょうか。

 

糸脱毛とは

 

糸脱毛は、細い糸で産毛を絡め取る脱毛法です。

 

産毛は脱毛サロンでも処理しにくいですし、カミソリを使っても綺麗に剃れません。

 

糸脱毛なら厄介な産毛も綺麗に処理できますし、カミソリのように肌を傷つけるリスクもないので海外で人気なのですね。

 

また剃るのではなく脱毛していくので、効果の持続性が長いところも人気の理由でしょう。

 

顔には産毛がびっしり生えていますから、それを取り除くことで肌のトーンもアップします。

 

さらにファンデーションの密着度も高くなるので、化粧ノリがよくなるというメリットもあるのが糸脱毛です。

 

どんな糸を使うの?

 

糸脱毛で使うのですから、特殊な専用の糸を使うと思う方も多いでしょう。

 

ですが実は裁縫用の糸でできる脱毛なので、自分で糸脱毛も可能です。

 

糸脱毛で用意するものは以下の4つです。

 

  • 糸(滑りが良いシルクがおすすめ)
  • ベビーパウダー
  • 手にフィットしやすい手袋
  • 化粧水

 

基本的にはこれだけあれば糸脱毛が可能です。

 

ただ、産毛を綺麗に絡め取るにはそれなりに練習しなくてはいけません。

 

また糸が太すぎたり滑りが悪いと肌に負担をかけてしまうので、最初は脱毛サロンでやってもらいましょう。

 

糸脱毛の痛みや効果

 

産毛は細く短いので、それを引っ張って抜くのですから、糸脱毛には痛みが伴います。

 

しかし一瞬で抜けるため、我慢できないほどの痛みではありません。

 

また肌を剃る処理とは違うので、肌へのダメージも少なくて済みます。

 

より注目したいのは、糸脱毛には産毛を脱毛する効果だけではなく美肌効果もあるところでしょう。

 

糸脱毛をすると、古い角質を取るピーリング効果や血行促進、毛穴の引き締め、ニキビの改善効果が期待できます。

 

ですので顔の産毛に悩んでいる方だけではなく、肌トラブルに悩んでいる方にもおすすめです。

 

糸脱毛は自分でも可能ですが、美肌効果を得るには技術も必要になるので、プロにお任せするのが正解です。

蓄熱式脱毛クリニック