IPL脱毛とSSC脱毛の仕組みと違いとは?

IPL脱毛とSSC脱毛の仕組みと違いとは?

脱毛サロンでの施術は光脱毛が主流となっていますが、光脱毛には種類があります。

 

フラッシュの種類

 

その種類の中で代表的な脱毛法が、IPL脱毛とSSC脱毛です。

 

どちらもくくりは光脱毛ですが細かい部分で違いがあるので、IPL脱毛とSSC脱毛の異なる仕組みをチェックしましょう。

 

IPL脱毛の仕組みとは

 

IPL脱毛はインテンス・パルス・ライトの略語です。

 

使用するのは、カメラのフラッシュにも使われているキセノンフラッシュというランプです。

 

このランプの特徴は、瞬間的に強烈な光を発生させられることです。

 

キセノンフラッシュはムダ毛の黒い色に反応します。

 

メラニン色素に吸収された光は熱エネルギーに変換され、ムダ毛を伝わって毛根組織まで到達します。

 

毛根組織が高熱によってダメージを受けることで、発毛機能が低下し、その結果ムダ毛の成長が止まって抜け落ちるという仕組みになっています。

 

SSC脱毛の仕組み

 

SSC脱毛は、スムース・スキン・コントロールの略語です。

 

使用するのはクリプトンライトで、特徴は穏やかなパワーで熱量の発生率が少ないことです。

 

SSC脱毛というのは、熱で毛根組織にダメージを与えるのではなく、施術前に塗布する専用ジェルで抑毛する仕組みです。

 

ジェルを塗布した肌に光を照射すると、ジェルの膜が破れて抑毛成分が浸透していきます。

 

さらに光によって発生する熱が毛根組織にダメージを与えることで、ムダ毛の成長を抑制していきます。

 

IPL脱毛とSSC脱毛の違い

 

どちらも光を使った脱毛法なのですが、光の種類や仕組みが異なります。

 

IPL脱毛は光、SSC脱毛はジェルで脱毛を行うので、向いているムダ毛の質も違ってきます。

 

  • IPL脱毛は濃くて太いムダ毛に効果的
  • SSC脱毛は産毛など細くて薄いムダ毛の脱毛に効果的

 

また、痛みの度合いも異なります。

 

IPL脱毛は高い熱が発生するので、特にデリケートな部分は強い痛みを感じます。

 

一方、SSC脱毛は熱量が少ないので、痛みはIPLよりも少ないと言われています。

 

痛みに弱い方は、SSC脱毛の方が良いかもしれません。(というより、今だったらSHR脱毛が良いかも…)

 

ですが効果の出方は高熱でダメージを与えるIPL脱毛の方が早いので、短期間で脱毛を完了させたい人はIPL脱毛の方がおすすめです。

蓄熱式脱毛クリニック