VIO脱毛中は恥ずかしい思いをするのか?サロン施術中の対策とは?

VIO脱毛中は恥ずかしい思いをするのか?サロン施術中の対策とは?

VIO脱毛をやってみたいと思っても、どのような格好で施術をするのかが気になりますね。

 

気になる

 

どんな格好であってもデリケートゾーンを見られるのですから、恥ずかしい思いをするというイメージがあるでしょう。

 

実際のところ、サロンではVIO脱毛の施術をどのように行っているのでしょうか。

 

VIO脱毛するときのスタイルは?

 

VIO脱毛と言っても、下半身丸出しで施術をするわけではありません。

 

基本的にはショーツをつけて施術しますが、お店によって使用するショーツは違います。

 

  • 自分の下着や水着を持参する
  • プレーンスタイルの紙ショーツ
  • Tバックタイプの紙ショーツ
  • VラインとOラインの面積を変えられる紙ショーツ

 

施術を受ける側がなにも履きたくないというのであれば、紙ショーツをつけずに施術することも可能です。

 

VIO脱毛のやり方

 

VラインやIラインを施術するときは、仰向けに寝ころがった姿勢になります。

 

Vラインはショーツを少しずつずらしながら、必要な部分に脱毛機を当てていきます。

 

デザイン脱毛する場合は、ショーツをぎりぎりまで下ろしますが、それ以外であればデリケートゾーンが見えることはありません。

 

Iラインの場合、粘膜部分までしっかり脱毛するには、施術を行う側の膝を外側に倒すので陰部が丸見えになります。

 

ですが普通の脱毛であれば、ショーツをずらしながら施術が受けられるので恥ずかしくないようにしてもらえます。

 

Oラインだけは隠すことはできませんが、範囲が狭く毛量も少ないので、手早く施術をすることで恥ずかしさを軽減してくれます。

 

自分でできるVIO脱毛の対策

 

施術スタッフは恥ずかしい思いをさせないように、無駄話をせずさっさと終わらせるという対策をしています。

 

しかしそれでも抵抗があるという場合は、アイマスクなどを持参しましょう。

 

だいたいのサロンはお願いすれば目隠ししてくれます。

 

アイマスクをしていれば何も見えないので、丸見え状態で施術を受けるよりも恥ずかしくなくなります。

 

そもそも、施術スタッフにとってはデリケートゾーンも足や腕と同じ感覚です。

 

あくまでも施術部位の一つでしかないので、あまり神経質にならず、VIO脱毛でもワキ脱毛をしてもらう気分で施術してもらいましょう。

蓄熱式脱毛クリニック