ハヤブサ脱毛が従来のレーザー脱毛よりも短い期間で照射できるのはなぜ?

ハヤブサ脱毛が従来のレーザー脱毛よりも短い期間で照射できるのはなぜ?

レーザー脱毛器は常に進化をしていますが、その最先端とも言えるのがハヤブサ脱毛です。日本にはまだ数台しかないと言われるハヤブサ脱毛は、最新の機能を搭載したハイスペック脱毛器です。従来のレーザー脱毛とは比べ物にならないその性能とはどういったものなのでしょうか。

 

ハヤブサ脱毛は照射が早い

 

従来の医療レーザー脱毛では、メラニン色素にレーザーを吸収させて熱エネルギーを作り毛母細胞の働きを抑えることで脱毛効果を出しています。つまり瞬間的に大きな熱エネルギーを作らないと、脱毛効果が得にくくなるのです。エネルギーを貯める時間は数秒ですが、それでも細かく照射を行っていくので、その分タイムロスが出てしまいます。

 

また、医療レーザー脱毛器のヘッドは小さいので、一度に照射出来る範囲も狭いため、背中や手足など範囲が広い部分は時間がかかります。ハヤブサ脱毛というのは、発毛を促しているバルジ領域に熱を与えて脱毛を行います。

 

バルジ領域に照射する熱は65度前後ですから、大きな熱エネルギーは必要ありません。ですので連続照射によるタイムロスがないため、従来のレーザー脱毛より短い時間で施術が完了するのです。

 

短期間で脱毛が完了する理由

 

脱毛サロンの光脱毛でも従来のレーザー脱毛でも、成長期のムダ毛にしかダメージを与えることができません。ですが、表面に生えているムダ毛は体全体の1/3なので、残りのムダ毛を脱毛するには成長を待つ必要があります。

 

ムダ毛には毛周期があり、成長期が来るのは2ヶ月から3ヶ月と言われています。つまり2ヶ月から3ヶ月に1回の施術となるため、すべての脱毛を完了するには1年から2年ほどかかってしまうのです。

 

しかし、ハヤブサ脱毛には毛周期が従来機ほど関係ありません。(成長期だけでなく、退行期の毛にもアプローチが可能)

 

ハヤブサ脱毛は、発毛の指令を出す毛包幹細胞を破壊してムダ毛の成長を止めるという脱毛法です。毛周期の中でも成長期だけでなく、退行期の毛にも効果を発揮するので、成長期にしかアプローチできない従来の医療脱毛より短い期間で脱毛を完了させられるのです。

 

痛みも少なく短期間で脱毛できるハヤブサ脱毛は、痛みが強く長期間通わなくてはいけない医療脱毛の問題点を多くクリアしています。しかし、最新機器なだけに症例が少ないのも事実なので、施術を受ける場合は実績があるクリニックを選びましょう。

蓄熱式脱毛クリニック