【蓄熱式】VIO脱毛クリニック厳選!

【蓄熱式】VIO脱毛が可能な評判クリニック厳選!

VIO脱毛は自分で行うのが難しい部位なので、クリニックで施術をしてもらう女性が増えています。以前より価格もリーズナブルになり、蓄熱式脱毛が受けられるようになって痛みも軽減されてきました。蓄熱式脱毛がリーズナブルでしかも安心に受けられるクリニックをご紹介します。

 

 

 

KMクリニック公式HPはこちら

 

KMクリニック

KMクリニックのVIO脱毛は、「ハヤブサ脱毛」と呼ばれる蓄熱式脱毛です。KMクリニックでは蓄熱式オンリーの脱毛クリニックで、バルジ領域にアプローチするタイプの最新式の医療レーザー脱毛に力を入れています。

 

従来の医療レーザー脱毛は、脱毛サロンの脱毛に比べて効果が高いとされています。ただし施術中の痛みが強く、10人に1人の割合で「硬化毛」が起こりやすいのがデメリットでした。

 

ハヤブサ脱毛で使われている脱毛機は、痛みが最小限に済むので痛みが出やすいVIOでも気軽に脱毛が可能です。従来のレーザー脱毛では250度の強い熱量で毛根を破壊していましたが、蓄熱式脱毛はおよそ65度の弱い熱量で発毛因子にダメージを与えます。

 

また脱毛間隔も短いスパンで脱毛できますし、1回の施術時間も短いので効率良く脱毛できるでしょう。早い人だと半年以内で全身脱毛を完了されています。

 

VIOの5回コースは75,000円(税抜)とかなりリーズナブルです。照射範囲はV全体が可能(V全体も契約した場合)です。Iは粘膜まで照射可能、Oは肛門周囲半径2〜3センチ程度です。

 

デメリットを挙げるとすれば、東京にしかないこと…。首都圏の人以外は通うのが現実的に難しいことです。首都圏以外の人であれば、リゼや湘南のほうが全国に院数が点在していて立地的に通いやすくなります。

 

 

 

リゼクリニック公式HPはこちら

 

RIZE

TVCMなどでも有名なのが、リゼクリニックです。ライトシェア・デュエットとメディオスターNeXT、ジェントルYAGの3種類の医療レーザーのマシンを採用しています。回数や部位、肌の状態などを診て、医師が1人1人に合った脱毛方法を選択します。

 

医師が状態を見て判断するために、脱毛機を指定した予約はできませんが、痛みが伴う脱毛の場合は、「麻酔」を使うことも提案してもらえます。自分の肌や毛質などに最も合った脱毛をしてもらえますので、より高い効果が期待できるでしょう。

 

リゼクリニックのマシンの中で蓄熱式脱毛は「メディオスターNeXT」(ハヤブサと同機種)というマシンを使った脱毛法です。バルジ領域を破壊するため、痛みを軽減しながらも効果的に脱毛することが可能です。

 

VIOの5回コースは、お得な99,800円(税込)で施術可能です。照射範囲はV全体が可能でIは粘膜まで照射可能、Oは肛門周囲半径2センチ程度です。

 

 

 

湘南美容クリニック公式HPはこちら

 

湘南美容クリニック

TVCMでも知名度が高いのが湘南美容クリニックです。「ウルトラ美肌脱毛(ドクターパルス脱毛)」は、SBCオリジナル脱毛機を採用しています。IPLレーザーを照射して、メラニン色素とバルジ領域に反応させる脱毛法です。

 

肌をマイナス10度くらいに冷やしながら、バルジ領域にIPL光を連続して照射し、肌に優しく安全に脱毛できます。このIPLの光は元々は赤ら顔やニキビ跡にも効果的で、脱毛しながら美肌効果を同時に得ることができます。

 

カウンセリングやテスト照射、初診料などが無料なので安心して来院できます。ハイジニーナ脱毛は3回で29,800円で1回あたり9,933円と、かなりお値打ちです。

 

Vは全照射可能で、Iは粘膜ギリギリまで照射してもらえます。Oは肛門周囲周と肛門より縦に1列10センチまで照射可能で、1スポット直径約1.8センチです。また足の付け根から太ももまでスポット3つ分まで照射可能です。

 

医療レーザーは高価で痛いイメージが強かった女性も多いと思います。マシンの進化で痛みが半減され、施術時間が短く価格もリーズナブルに医療機関での脱毛が可能になっています。