永久脱毛とは何?実現させるためのポイントもチェック

永久脱毛とは何?実現させるためのポイントもチェック

永久脱毛と聞けば、二度とムダ毛が生えてこないと思ってしまうのは当然です。しかし厳密に言うと、永久脱毛は一生毛が生えないという意味ではないのです。正しい意味を分かっていないと、思っていた仕上がりと違うなんてことになってしまうので、永久脱毛についてしっかり理解しておきましょう。

 

永久脱毛には定義がある

 

脱毛の先進国であるアメリカでは、「電気脱毛協会」や「FDA」という機関で永久脱毛に関する定義を定めています。電気脱毛協会では、「脱毛を完了後1ヶ月の時点でムダ毛の再生率が20%以下になるのが永久脱毛である」という定義です。

 

FDAでは「3回の脱毛施術を完了した6ヶ月後に2/3以上のムダ毛が再生していない」という状態が永久脱毛の定義となっています。

 

永久脱毛後にムダ毛が再生する可能性があることを認めた上で、永久脱毛の定義が決められているのです。文章では分かりづらいですが、定義上ではムダ毛の再生率があるとしても、永久脱毛をすれば半永久的にその状態を持続させる効果は期待できます。

 

永久脱毛を実現するには

 

日本には永久脱毛の定義はありませんが、永久脱毛の効果が認められている脱毛法はあります。ですので永久脱毛を実現させるには、厚生労働省が認めた脱毛法を受けるのが重要なポイントです。その脱毛法とは医療用レーザー脱毛とニードル脱毛です。

 

医療用レーザー脱毛は、強い出力レベルで毛乳頭細胞を破壊する脱毛法です。毛乳頭細胞は毛を成長させたり、ムダ毛を生成する毛母細胞に栄養を与える細胞なので、これを破壊することで発毛機能を低下させます。

 

ニードル脱毛は特殊な針に微弱の電流を流して、ダイレクトに毛根組織を破壊します。こちらの脱毛法の方が永久脱毛効果は高いのですが、痛みが強く料金も高額になるため、永久脱毛は医療用レーザー脱毛で行うのが主流となっています。

 

脱毛サロンや美容外科で脱毛をすれば、永久脱毛が出来ると思っている方が多いようです。確かに広告を見ると、一度施術を受ければ二度と生えてこないようなイメージを持ってしまいます。ですが脱毛と永久脱毛はイコールではありませんし、医療機関でしか受けられないので注意してください。

蓄熱式脱毛クリニック