脱毛サロンやクリニックではクーリングオフは可能なのか?

脱毛サロンやクリニックではクーリングオフは可能なのか?

カウンセリングやトライアルを受けたりすると、後先考えずつい契約をしてしまうこともあるでしょう。ですが、家に帰って冷静になってみれば、やっぱり通う必要はないと思うこともあります。そんな時は違約金が発生しない「クーリングオフ」を活用するのがベストですが、脱毛サロンやクリニックでは適用されるのでしょうか。

 

クーリングオフは可能なの?

 

クーリングオフとは、商品を購入したり何らかのサービス契約をした場合、特に理由がなくても解約をできる特定商取引法の制度です。ただし契約に関しては、店舗や営業所以外での契約という条件があります。この条件に当てはまるのは、例えば路上でのキャッチセールスや家などに来るアポイントメントセールスです。

 

脱毛サロンやクリニックは自分で店舗に出向いて契約するので、クーリングオフの対象にならないと思ってしまうかもしれません。ですが脱毛サロンなどは例外的にクーリングオフが認められています。脱毛サロンは以前から適用されていましたが、美容医療である脱毛クリニックにも2017年12月以降法改正により適用が義務付けられました。

 

人間はトライアルなどを受けると、その流れでつい契約をしてしまうことが多いです。ですので、契約をしても条件さえ満たしていればクーリングオフが適用されるのです。

 

クーリングオフの条件と手順

 

脱毛サロンやクリニックでクーリングオフをするには、契約をしてから8日以内に手続きをしなくてはいけません。また契約期間が1ヶ月以上あること、契約金額が総額で5万円以上というのも「条件」になるので、自分に当てはまるか確認してください。

 

  • 契約日から8日以内
  • 契約期間が1か月以上
  • 契約金額が5万円以上

 

クーリングオフをするのは面倒、と思うかもしれませんが、手続きは書面だけで完了します。はがきか便箋を用意したら、まずは自分の名前とクーリングオフを希望する旨を書きましょう。

 

次に通知日と契約日、脱毛サロン(クリニック)名、契約したプラン名、支払い金額を書きます。最後に、上記の契約を解除しますと書いて郵送すれば完了です。

 

この際、必ず届いたことを確認できるように、はがきなら簡易書留、便箋は「内容証明郵便」で送ってください。国民生活センターや消費者センターで作成方法などは教えてもらえます。

 

このように脱毛サロンやクリニックではクーリングオフができるので安心して契約ができます。もしクーリングオフの条件を満たしていない場合でも、返金制度を採用しているお店もあるので契約書をチェックしてみましょう。

蓄熱式脱毛クリニック