部位ごとに毛周期のスピードは違うのか?

部位ごとに毛周期のスピードは違うのか?

脱毛は毛周期に合わせて施術を行うのが、もっとも効果的な方法です。

 

ただし、毛周期のスピートは部位ごとに違うので施術スパンには気をつけてください。

 

適切なスパンで脱毛できるように、部位ごとの毛周期や毛周期に合わせる理由も併せてチェックしておきましょう。

 

部位ごとの毛周期のスピード

 

体の表面に生えているむだ毛は、全体の2割程度と言われています。

 

それ以外のむだ毛は、肌の内部で成長もしくは成長準備をしています。

 

成長途中に施術を行っても効果がないので、部位ごとの毛周期のスピードを覚えておきましょう。

 

  • 脇は2ヶ月から3ヶ月
  • VIOラインは約2ヶ月
  • 腕は3ヶ月から4ヶ月
  • すねは約2ヶ月

 

これも諸説ありますね〜、個人差もあると思いますし…。

 

厳密に言うと、毛周期はこれらのスピードより1ヶ月ほど前後します。

 

ですので全身脱毛をする場合は、部位ごとの毛周期が重なるタイミングを見て予約をするといいですね。

 

しかし、実際にはおよそ2か月というアバウトなスパンで通うことになりますが、頭の片隅に入れておくと微妙に調整できるチャンスがあるかもしれません。

 

毛周期に合わせる必要性

 

現在、多くの脱毛サロンで採用されているのは光脱毛という脱毛法です。

 

光脱毛では、成長期であるむだ毛の黒い色に反応する光を使います。

 

つまり休止期や退行期のむだ毛には反応しないので、毛周期を無視して施術を行っても何の効果も得られないのですね。

 

脱毛は、短い期間にたくさん施術を受ければ効果が出るというものではありません。

 

光脱毛のメカニズムで考えると、毛周期に沿って施術を受けることが大事なのです。

 

毛周期に関係なく施術を受けるには

 

仕事をしていたり育児中は毛周期に合わせて通うのも難しいかもしれませんね。

 

毛周期に合わせて通えないと言う方は、SHR脱毛がおすすめです。

 

SHR脱毛は、バルジ領域をターゲットにした脱毛法なので、むだ毛の成長期は関係ありません。

 

毛周期をまったく無視することはできませんが、光脱毛ほど厳密に毛周期に合わせなくても施術が受けられます。

 

導入しているお店は少ないですが、気になる方はチェックしてみるといいですね。

 

脱毛の効果を最大限に引き出すには、毛周期を守ることが基本です。

 

脱毛方法と部位ごとの毛周期に合わせて施術のスケジュールを組んで、効率よく脱毛しましょう。

蓄熱式脱毛クリニック