脱毛クリニックで処方してもらえる麻酔クリームとは?

脱毛クリニックで処方してもらえる麻酔クリームとは?

個人差はあるものの、脱毛クリニックの施術は強い痛みを伴うので、希望すれば麻酔クリームを処方してもらえます。特に医療レーザー脱毛でVIOを照射するときは、必須だと感じている女性も多いようです。麻酔というと注射のイメージがありますが、クリームの麻酔とはどのようなものなのでしょうか。

 

麻酔クリームとは

 

麻酔クリームは、脱毛の施術を行う部位に塗って、感覚神経を麻痺させるタイプの麻酔薬です。皮膚表面麻酔とも呼ばれていて、麻酔クリームを塗った部分は少しずつ皮膚の感覚が低下します。

 

効果が出るまでには30分から1時間ほどかかりますが、安全性が高く副作用のリスクが低いので、脱毛では麻酔クリームを処方するのが一般的です。ただし、いくら処方箋であっても、痛みをすべて軽減できるわけではありません。

 

安全性が高いだけに麻酔の効果は弱く、皮膚への浸透力も0.3mm程度までです。ワキ毛やVIOラインのムダ毛などは根深いため、麻酔クリームを塗っても完全に痛みを消せないのが実情です。

 

麻酔クリーム以外の麻酔はないの?

 

痛みを感じるのであれば、もっと強い麻酔を希望する方もいるでしょう。脱毛クリニックによっては、「笑気麻酔」や局部麻酔を行ってくれるところもあります。笑気麻酔は、亜酸化窒素(N2O)が入ったガスを吸うことで、痛みを感じにくくする麻酔です。ただし吸入系の麻酔は、アレルギーを誘発したり悪性高熱症を発症するリスクがあります。

 

局部麻酔は、麻酔薬を脱毛部位に注入して、痛みを脳に伝達する神経を遮断する麻酔です。この麻酔は一番効果が高いのですが、その前にこの注射の方がものすごい痛みを感じます

 

危険性はあるのか?

 

そもそも、麻酔は副作用や医療事故などのリスクがあるため、安易に利用するものではありません。特に、麻酔クリーム以外は麻酔専門の医師がいないところで受けるのは危険です。どうしても麻酔クリーム以外の麻酔をしたいという方は、専門医の麻酔科標榜医が常駐しているクリニックを選ぶのがおすすめです。

 

麻酔自体に抵抗がある、でも医療脱毛を受けたいという方は、施術方法で選ぶといいでしょう。最新の脱毛では医療レーザー脱毛よりも痛みがない施術も開発されているので、カウンセリングで聞いてみるといいですね。

蓄熱式脱毛クリニック